今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

1人目はラマーズ法で、2人目は無痛分娩で産んだ私

 

私は出産方法にあまりこだわりはなかった。

 

1人目をラマーズ法で産んだのは、その頃海外(アメリカ)に住んでいて、日本人の妊婦さんの知り合いを作りたかったから。

日本人相手にラマーズ法を教える講習会を主催している方がいて、そこに参加すればとりあえず日本人の妊婦さんと知り合いになれると思ったのだ。

もちろん会には真面目に参加して、呼吸法も練習した。

でもとくに自然分娩にこだわっていたわけではない。

 

アメリカでは出産には麻酔を使うのが普通で、自然分娩を目指すのはいわゆる意識の高い妊婦さんたちだ。

そういう人たちは病院ではなく助産師さんの所で産む。

 

私はごく普通の病院で、ラマーズ法で産むことにした。

でも、痛みに苦しむ私を見て(私はそんなに苦しんだ覚えはないのだが)、担当の産婦人科医の先生が「なぜ麻酔を使わないのですか、こんなに辛そうなのに」と少し気色ばんで夫に迫っていたのは覚えている。

それほど、麻酔なしの出産は珍しいのだ。

 

お産はわりと軽くて、入院して3時間半で息子は無事に生まれた。

なので、麻酔は使わなかったものの、ラマーズ法のおかげなのか、それほどすごい痛みは感じずに済んだ。

 

ラマーズ法って、今はもうごく一般的な呼吸法になっているのかもしれないけれど、本当によくできていると思う。

 

で、2人目のときはなぜ同じラマーズ法にしなかったのかというと、

理由① 1人目から3年も経っていて、ラマーズ法をすっかり忘れてしまっていた。のど元過ぎればなんとやらで、1人目の出産後はその育児で毎日必死で、ラマーズ法なんてどこかへ吹っ飛んでしまったのだ。

理由② 1人目の時は実母に1カ月手伝いに来てもらったが、3年経ってまた来てもらうのは申し訳なく、それで2人目はそういうヘルプなしで何とか頑張ろうと思った。出産よりもっと大変な育児のために体力を出来る限り温存したかった。それで、体力の消耗が少なそうな無痛分娩を選んだ。

 

しかし、実際には無痛ではない。

「無痛分娩」という言い方がなあ…(ー ー;)

 

私の記憶では、痛みがかなりキツくなってきたところでようやく産科の先生がやってきて、「そろそろ麻酔をしますか?」と聞いてきた。

「お、お願いします~」と私が答えると、インド系の顔をした麻酔医がこれまたゆったりとやって来た。

 

無痛分娩では、硬膜外麻酔(エピデューラル)というのを、腰のあたりに注入する。

実は、2人目のときは、この麻酔の注入の時間が一番辛かった。

陣痛がもう1,2分間隔で来ていて「う~~~~~」と悶えているところでベッドの上に座らされ、麻酔医が至極冷静に「お名前は?」とか「体重は?」とか聞いてくる。

こっちは痛くてそんな質問に答えられる状況ではないが、もう必死で私の体重ってポンドでいくつだったっけ?とか考えながら答えた。

 

私の必死の形相に黒人の大きな看護婦さんが、「落ち着いて、息を吐いて」とアドバイスしてくれた。これが効果てきめんで、麻酔の注射の痛さも陣痛の痛さも一瞬なくなった(ように感じた)

 

「あ、そうだった、この呼吸がラマーズ法だった!やっぱりラマーズ法は効果あるなあ」と変なところで感動しつつ、再び分娩台に寝ると、あら不思議、あの痛みがす~っと引いていく。

でも痛みがなくなるわけではなく、3分の1くらいに軽減されるという感じ。

いきむ感覚もわかるので、来たな来たなと思うと先生が「はい、いきんで~」と教えてくれて、それから間もなく娘が生まれた。

 

入院してから4時間。こちらも軽いお産だった。

 

アメリカでは、出産したら1泊で病院を追い出される。

日本のように、1週間近く、美味しいお食事を食べながらの母乳ケアを受けながらの、といった優しい扱いは、ない。

 

しかも帰宅したら3歳の息子と生まれたての娘の世話をほぼ一人でこなさないといけない。無痛分娩は本当にありがたいものだった。

 

とは言っても、私の経験では、無痛分娩は出産の一番キツい時間の辛さを軽減するくらいのもので、陣痛を全く感じずに赤ちゃんがするりと出てくるようなシロモノではない。

私の場合は麻酔の管を固定するためのテープに肌がかぶれて、その後2週間ほど、テープ跡が腫れ上がってしまって大変だった。

 

その他もろもろの産後の大変さは自然であろうと無痛であろうと同じだ。

 

なにやら最近、自然分娩が一番良い、痛みに耐える方が偉い、みたいな風潮があるようだけど、んなこたあない。どんな方法で産もうと、出産は命がけの大変な作業なのです。

 

私はつわりはひどかったけれどお産が軽いようなのでもう一人産んでもいいかなと、ある時母に話したら、そんな簡単に考えるなと怒られた。母の知り合いに、3人目の出産で体調を崩してしまった人がいたらしく、出産は何が起こるかわからないんだから、と。

たしかに、母の言うことはもっともだと思い、3人目はやめた。年齢も40に近くなってたし。

大病はしないけれど丈夫でもない私の体を心配して言ってくれたのだと、今も感謝している。

 

読んでいただいてありがとうございました。 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

頭が真っ白になった出来事

 こんにちは。

 

先日、パートのお給料をいただいた。

今の会社は銀行振込でなく、現金で渡される。そのまま持っているといつの間にか使ってなくなってしまうので、少しだけ残してあとは口座に入金することにしている。

 

生活費もおろさないといけないので、近くの大型スーパーのATMコーナーに向かった。

生活費は夫に今月は10万円と言われていて、それプラス先日の健診代31,000円、合計131,000円を引き出した。

くたびれたシワシワのお札ばかりで、なんだこれーと思いつつ、そばに置いてあった銀行の封筒に入れてとりあえず置いた。

その後、お給料の入った封筒から1万円を差し引いた残りを自分の口座に入金。

 

買い物はしないでそのまま帰宅した。

 

帰宅後、洗濯物を畳んだりお昼ごはんの用意をしたりして、あ、そういえばお金をしまっておかないと、と思ってバッグを開けてみると、ない。

1万円の入った封筒はあるけど、131,000円の入った銀行の封筒が、ない!

 

そうだ、封筒をATMの上に置いたまま、帰ってきてしまった、と気づいて慌ててスーパーに電話した(そこのスーパーにはよく電話をするので電話番号は覚えている)。

でもスーパーには届いていないと言われ、顔面蒼白で自転車猛ダッシュで再びスーパーに向かった。

お給料日の翌日のお昼休みの時間だったのでATMコーナーには長い列が出来ていて、当然私の封筒はなかった。

 

やっちまったなあ~、毎日スーパーで特売品ばっかり買ってせっせと節約していたのに全くの無駄だった、私のパート代で弁済せねば。。。と半ば諦めて横にあるサービスカウンターで改めて事情を説明して、見つかったら電話してくださいとお願いした。中の人にとっても気の毒そうな顔をされた。

 

でもよく考えてみると、ATMには防犯カメラが付いている。

たまに、この人が犯人です!という証拠の画像がテレビなどで報道されたりしている。

それがわかっていて盗むというのはかなり勇気のいることだ。

私だったらできる限り触れる時間を少なくしたいから、速攻で近くにいるお店の人に託すだろう。

 

そのスーパーの近くに警察署がある。

ついこの間も世間を賑わせた事件で出ていた警察署だ。

一応届けておいた方がいいかと警察署に向かった。

 

1階の受付で「あのー、ATMにお金を置き忘れてしまったんですけど」と言うと、受付のお姉さんは間髪入れず、「はい、2階の会計課へどうぞ~」と、慣れた口調でニコニコしながら言った。愛想いいなーと思いながら階段で2階へ。

 

2階の会計課というところへ行き、かくかくしかじかと事情を説明すると、とりあえず用紙に記入してくださいと言われ、名前や住所や金額や置き忘れた時の状況やらを詳しく書いた。

 

するとそこのお姉さんが、「全く同じ金額のお金が届いてますね」と言うではないか。

予想外の言葉にびっくりして、

「ほんとですか?どなたですか?お礼をしないと」と言うと

「それが名前とか一切名乗られなくて、お礼もいらないと。。。」

「そうなんですか」

「そのままにしておくか、警察に届けるか、ずいぶん悩まれたそうです」

 

ホッとして嬉しい気持ちと、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

あの時、私の後ろに一人だけ並んでいた人がいた。その人が届けてくれたのだろう。

困っただろうなー、迷惑かけてしまったなあと、深く反省。

 

金額が実に中途半端で、お札の数と種類もぴったり一致しているとのことで、たぶんあなたで間違いないでしょうということになり、何枚かの紙にサインをして、封筒に入ったお金は無事に私の元に戻ってきた。

お金に名前は書けないから、自分の物だと証明することはできないものね。10万とか20万とかのキリのいい額でなくてよかった。

 

あとでよくよく考えてみると、1階の受付のお姉さんが妙に愛想が良かったのは、あ、来た来た、落とし主って思ったからかな。

その30分位前に拾い主がその受付に来たのは間違いないと思うから。

 

それにしても、ATMに来て、お金の入った封筒が置かれていたら困るよね。

その封筒を持っているところを持ち主に見られたら、盗まれたと誤解されるかもしれない。

近いとはいえ警察まで届けてくれるなんて、なんと親切な人だろう。

そんな親切な人に届けてもらって、私は幸せ者だと神様に感謝した。

ふだん神様の存在なんてほとんど気にしていないくせに、調子のいいもんですわ。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 


にほんブログ村

 

焼肉ドラゴン(ネタバレなし)

 

こんにちは。

 

映画「焼肉ドラゴン」を観た。

劇作家・鄭義信さんが自身の戯曲を初めて映画化した作品だ。

一昨年、新国立劇場で彼の劇を観て衝撃を受けて以来、ファンになった。

そのとき観たのは南果歩さん主演の「パーマ屋すみれ」。

その後、「すべての四月のために」と「赤道の下のマクベス」も観た。

 

お芝居の「焼肉ドラゴン」も観たかったのだが、すでに上演が終わってしまっていて、観ることはかなわなかった。それで、ひそかに再演を願っていたら、なんと映画になって戻ってきたのだ。

 

鄭さんの作品は、在日韓国人が主人公でストーリーは過酷だ。

登場人物は皆、これでもか、これでもかと運命に打ちのめされる。

その理不尽さへの怒りが、どの作品にも通低音のように鳴り続けている。

でも、その怒りと悲しみを全て覆ってしまうほどの優しさが満ちあふれているのだ。

優しさというのは悲しみに裏打ちされているということを改めて知り、涙が止まらなくなる。

 

鄭さんの舞台は音楽を久米大作さんが担当していることが多いが、この映画もやはり久米さんだった。

鄭さんの優しいストーリーに久米さんの優しい曲が流れると、もう心がガクガクに揺さぶられてしまう。

 

真木よう子さんの演技も良かったけど、アボジとオモニの演技は圧巻だった。

悲しい話なのに観終わった後、心がじんわり温かくなった。

 

そしてもちろん、鑑賞後は焼肉屋さんへ(笑)

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

 

大人の振る舞い

 

こんにちは。

 

東京新聞に、伊藤比呂美さんの人生相談の連載があって、毎回、こんな物の見方があるのかと感動しながら読んでいる。

 

今週は、PTAの委員決めのときに今までやっていない人にしてもらうという、いたって当たり前の事を発言したのに誰も乗ってこなくて、結局自分ひとりが悪者になったような気分になった、という相談。

 

子どものいる親御さんならうんうん、そうだよね、と、かなり同情されそうな場面だ。

 

これに対して伊藤さんは、あなたは正しい、そういう正論を堂々と言える人がいないと世の中は良くならないと、認めつつ、でも正論ばかりじゃやっていけないのよと、相談者を諭している。

 

全くその通りだと思う。

年齢を重ねるにつれて、正しい事を主張するだけではうまくいかないことがだんだんわかってきて、流れに無理に逆らわず身を委ねるような生き方をするようになる。

 

でも、世の中の大人がみんなそんなわけ知り顔の柳の木みたいになっちゃったら、それはかなりマズいことなんじゃない?とも思う。

 

世の中は、不公平で理不尽なことがまかり通っているけど、そういうもんだといつもわかったような顔をしていいのかな。

不公平で理不尽な扱いをされているのなら、声に出してやめてほしいと訴えないと、どんどん辛い立場に追いやられていくのではないかしら。

次世代を担ってもらう若い人たちや子どもたちのためにも。

 

PTAの役員決めが、「不公平で理不尽な事」に当たるかどうかはわからないけれど、本当はやりたくないけどやらないわけにいかないからと引き受ける親(おそらく大部分はそうだろう)にとっては、一切やろうとしない人に対してモヤモヤした気持ちになるのは無理もないと思う。

そういう人たちの代表として、やった事のない人にやってもらいたいと主張するのは全然問題ないんじゃないかな。

ほとんどの人は悪目立ちしたくないから口をつぐんでいるだけで、それは「大人の振る舞い」とはちょっと違うような気がする。

 

なんだかまとまりのない記事になっちゃいました。

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

 

発表会は終わった

 

無事に終わったのだ。やれやれ。

アンサンブルは途中で左手をミスり、なんと2小節にわたってワタワタしてしまって、他の2人に迷惑をかけてしまった。

けっこう練習したつもりでも、本番になると緊張して間違えてしまう。

この、練習したつもり、がダメで、練習が足りてなかったということです。

 

ソロの演奏は、練習した期間も長かったので、それなりに準備できたらしく、ど緊張の中、ほぼノーミスで弾き終えた。

ノーミスは初めてかな。ほぼ、だけど(笑)とりあえずホッとした。

 

練習もさることながら、当日のコンディションが重要。

若い頃なら少々無理をしてもなんとかなるけど、この年齢になると、体の調子もちゃんと整えないと、演奏もうまくいかない。

去年までは子どもたちがいたので(しかも受験生)、発表会だからといって家事の調整などできなかったが、今年は自分で裁量できる範囲が広がって、発表会前はあまり疲れが出ないように行動することもできた。それが良い結果に結びついた、のだと思う。

 

発表会後の打ち上げも楽しかった。

個人レッスンなので、こういう機会がないと他の人となかなか話をするチャンスがない。

いろいろ情報交換もできて、とても有意義な時間だった。

 

が、これも年のせいなのか、発表会後の疲れがなかなか取れない。

なんだか腰が重く、朝からジムに行って運動したのが良くなかったのか、さらに体がどよーんとしている。

2、3年前だったらこんなことなかったのに。

 

  


にほんブログ村

 

公立高校が廃校へ

 

ネットで調べ物をしていたら偶然見つけた書き込み。

某県の公立高校(普通科)が3校、閉校になるらしい。

ほぼ決定事項のようで。。。

 

少子化で合併というのはよく聞くけれど、いきなり閉校で、そこの跡地に新しい高校を作り直すとか、県立トップ校を移転させるとか、びっくりだ。

閉校になる3校は比較的新しい学校だが、それぞれ人気もあって、そこを目指して勉強していた子もいたはず。

 

何よりもその3校の卒業生はショックだろう。

自分の出身校が跡形もなくなくなってしまうなんてやりきれない。

 

その県は、全国的にも教育熱心な所で、普通科から大学受験を目指して勉強する子も多い。いくら少子化でも普通科を3校も廃校にする必要があるのかな。

新しく作る予定の高校は国際高校とか県立付属の高校とか、いまある学校を潰してでも作る必要があるとは思えない。

 

裏に何かあるのかと勘繰ってしまう。。。

 

私はその某県の公立高校の卒業生なので、ちょっと動揺してしまった。その廃校予定の学校のOGじゃないけど、中学の時の友達でそこに進学した人もいるし、なんだか他人事とは思えない。

 

私はその隣の県から引っ越してきたのだが、毎日毎日外で遊び呆けてろくに勉強していなかったので、その某県の教育熱心さに付いていくのが当初は大変だったのをよく覚えている(笑)

 

反対運動が起こりつつあるようだ。なんとかならないのかな。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 


にほんブログ村

 

発表会

 

今日はアコーディオンの発表会。

あと1時間後本番です。

今年もバロック音楽やります。

何回やっても慣れません。

もう緊張の極地でふだんは間違えない所を間違えまくります。

どうしてあんなに緊張してしまうのか。。。それも年々ひどくなるのです。

年のせいかプレッシャーに弱くなっている感じがします。


はあ~。


読んでいただいてありがとうございました。(他の人の演奏聴きながらブログ更新するヤツ(^^;)




にほんブログ村