読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

何をするにもお金がかかる

 

こんにちは。

 

来月の発表会で引く曲はバロック期の音楽です。

今使っている楽器だとどうしてもクラシックの、それも割と古い時代の曲を弾くことが多くなります。

それで勉強のためにバッハの平均律のCDを聞こうとすると、その解説に、「この作品は対位法的作曲の教科書であり、その並外れた質の高さは専門家の間でまたたく間に伝説となった」とか書いてあるんですよね。

 

対位法的作曲って何?ちんぷんかんぷんです。

 

私はピアノを10年ほど習いましたが、音大を目指していたわけでもなく、ソルフェージュも楽典もちょびっと習っただけです。

だからバッハが西洋音楽において何を成し遂げた人なのか、実はよくわかっていません。

 

こういう、西洋音楽の基礎知識みたいなのを手取り足取り教えてくれる教室はないものかと探していました。あの黄色い「楽典」の本を独学で勉強するのはとっても大変そうなので(;^ω^)

 

そうしたら、大手の音楽教室にありましたよ。

 おお、これは私にぴったり!と喜んだものの、レッスン料を見て固まりました。今習っている楽器のレッスン料より高いやん(;・∀・)

グループレッスンならもうちょっとお安くなると思いますが、内容がマイナー過ぎて生徒が集まらないのでしょうね、個人レッスンしかありません。

 

将来音楽の道に進む若者ならいざ知らす、50過ぎたただの趣味でやってる私には贅沢すぎる講座です。

 

何をするにもお金はかかる、なんて当たり前のことをしみじみと実感しました。

ちょっと移動するだけでも交通費がかかる。

ランチも観劇もスポーツクラブもお稽古事も、あっという間にお財布を軽くしてしまいます。お金に羽が生えているがごとく。。。

 

賢くてマメな人たちはなるべくお金をかけずに楽しむ工夫をしているんでしょう。

大雑把な私が余計な支出をしないためにどうすればいいのか。

答えはひとつ、家に籠ってネットをする、なのでした。

 

 読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
にほんブログ村

運動するタイミングが見つからない

 

こんにちは。

 

お仕事を初めて1か月余り、先日初お給料をいただきました。

週5日、午前中だけなので大した金額にはなりませんが、お小遣いには十分です。すぐATMで口座に入金しました。

そのまま持っているとすぐに使ってしまいそうなので(;・∀・)

 

午前中が仕事だと、帰りに食料品の買い物をして、帰宅して少し家事をして遅めのお昼を食べて、録画していたテレビ番組を見ているうちに眠くなって昼寝、起きて楽器の練習を少ししたらもう晩御飯の支度の時間、というパターンが常態化しています。

これだとスポーツクラブなどに通う時間が確保できないんですよね。

なので3月に〇ナミを退会してからというもの、運動習慣ゼロになっています。

 

これはやはりヤバいと思って、近隣のスポーツクラブや24時間ジムや女性限定30分運動のなんたらとか色とりどりのハンモックの中でヨガをやるやつとか、いろいろ調べているのですが、どれもこれも私には微妙で続きそうにありません。

一駅乗れば「暗闇の中でひたすら自転車を漕いで汗だくになる」ジムもあるのですが、電車に乗らないといけないというのがなかなかハードルが高い。自転車で行けないこともないけど、坂道がすごいからなあ。。。雨の日なんて無理だし。

 

そんなこんなで運動していません。筋肉がなくなっていくのが恐ろしい。。。

とりあえず仕事場で床の拭き掃除などをして(これは別にしなくてもいいのですが)なるべく体を動かすようにしています。

 

なにか良い解決法はないかしら。。。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

夫の老化現象

 

こんにちは。

 

老化現象と言ってもいろいろありますが、うちの夫の老化現象で特に目立つのが「やたらと声を出す」です。

もともと声が大きく、くしゃみも大音量で、慣れている私でも時々びっくりするくらいなのですが。

でも明らかに、若い頃より数倍声がでかくなっています。

お風呂に入っているときなど、息を吐くたびに「う~」とか「ふ~」とか「うぉ~」とか声を発していて、聞いていて可笑しいやら気持ち悪いやら(笑)

 

何かしら私にムカつくことがあると、直接私に言わず、通りすがりに「くそっ!」とか、「ぶはっ!」とか何かしら声を発してますが、あれは威嚇してるのか、それとも辛抱がきかなくなってきて、思わず声が出てしまうのかしら。

ああはなりたくないわ~(-_-;)

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

都合の悪い事は見たくないし知りたくない

 

こんにちは。

 

以前から気になっていたのですが、太平洋戦争について私が教えられたて来たのは、原爆投下や東京大空襲や特攻隊など、おもに一般人が受けた被害についての知識ばかりで、日本が他国に何をしていたか、という視点からの知識がかなり欠けているような気がするのです。

 

戦争が起こるとこんなにみんな不幸になる、だから戦争はいけない、という教育は私の年代なら親や教師から叩き込まれていると思うのですが、その「不幸」というのはたいてい自分目線なんですよね。

 

で、その答えが昨晩(正確には今日ですが)のNNNドキュメントでした。

NNNドキュメントは日曜日の夜中という一般的にはかなり見づらい時間帯で放送されています。

私は宵っ張りなのでたいてい見ています。夜遅くまでバイトしている息子も帰宅してご飯を食べて一息つきつつ一緒に見ます。

 

ドキュメントの内容は、日本軍が当時中華民国の臨時首都だった重慶を1937年から6年間にわたり、176回もの空襲を行って5万人を超える死傷者を出した、という事実を中国、日本、アメリカに残っている文書や写真や動画などの資料をもとに検証し、証明した、というものです。

 

中国側の資料から、死者のほとんどは一般の市井の人々で、子どもも沢山含まれていました。無差別攻撃ですね。

しかもこの無差別攻撃は偶発的なものではなく、日本軍の資料に「直接その住民を空襲し敵国民に多大の恐怖を与えてその戦争意思を挫折すること」と記されていて、最初から予定されていたことだったのです。

 

その後米国は日本への石油の輸出を停止したそうですが、あれっ、これって今の北朝鮮の状況にちょっと似てない?って思いましたが、北朝鮮はどこも攻撃していないので全然違いますね(^^;)

 

4歳の時に空襲で両親を亡くして大変な苦労を重ねてきた老人や、逃げ込んだ防空洞で何千もの人が窒息死した事件なども触れられていました。階段に積み重ねられた多数の遺体の写真には衝撃を受けました。

 

この日本軍が行った重慶への無差別攻撃は、その後のヨーロッパ各地の空襲や、日本各地への空襲や原爆投下の「お手本」になったそうです。

恐ろしいですね、因果応報ってこういうことを言うのでしょうか。

自分が行った悪事が何十倍にもなって返ってくる。

もちろん、だからといってB29による空爆や原爆投下が正当化されるものではないですが。

 

私はこの重慶空襲という事実を知りませんでした。

というか、戦争中日本軍がどういうことをしてきたのか、ほとんど何も教えてもらっていません。

 

自分も日本人だけれど、6年間も断続的に他国の1都市を無差別攻撃し続けた日本という国が心底恐ろしいと思いました。怖いですよ、そんな国。

中国や韓国が、日本が何か軍事的な動きをしたり、政府の要人が靖国神社を参拝することに対して敏感に反応する理由も少しわかったような気がします。ほんの80年ほど前の出来事なのですから。

 

日本人は我慢強く礼儀正しいとよく称賛されていますが、本当にそうなのでしょうか。本当のところはどう思われているのでしょう。

NNNドキュメントは、見たくない、知りたくない、自分にとって都合の悪いこともしっかりと伝えてくれる、私にとってはありがたい番組です。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

にほんブログ村

この時期になると。。。


なかなか更新できないので電車乗車中にスマホで書いてます。

誤字が増えそうだわ~(^^;)


さて、毎年恒例の発表会が来月末にやって来ます。

今年はソロで1曲、アンサンブルで1曲出る予定です。

舞台にいる時間は合わせて10分もないのですが、やはり衣装はどうしようかと毎年考え込みます。


音大出のセミプロみたいな人たちは、舞台慣れしていて、衣装もヘアメイクも完璧です。

流石だな~と、毎回感心します。


しかし私はど素人なので、そんな本格的なドレスとかは恥ずかしくて着れません。(あ、別にドレスを着てでる人をディスっているわけじゃないですよ)


かと言って普段着で出るのもやはり気が引けるし先生もなるべく華やかな衣装で!って言ってるので、ほどほどに派手でほどほどな値段の服を探してかなりの時間、ネットの中をうろつくのです。


で、買いました。

ボタニカル柄って言うのかな?ちょっと色も派手目なブラウス。


実はですね、アコーディオンはけっこうでかい楽器で、抱えると上半身の胴体はほぼ隠れてしまいます。

楽器の横から手足がニョキッと生えてる感じ?

なので衣装って言ってもボトムスと袖しか見えないんです。

身頃にいくら素晴らしい刺繍やレースをあしらっていても見えないので意味がない。

しょうがないので袖がふわっとふくらんでいるとか、フリフリがついてるとか、ボトムスだったらマキシ丈のちょっと派手な柄のスカートを穿いたりしてしのいでいます。

今年は袖が派手なパターンです。


でも発表会で着た服って、やっぱり普段着るにはちょっと目立つ感じなのでそのままタンスの肥やしになってしまいます。だからあまりお値段の張る物は買いたくないんですよね~。


悩むほどではないけどけっこう時間食ってます、衣装決め。


読んでいただいてありがとうございました。


にほんブログ村

年のせいなのか。。。

 

こんにちは。

 

最近、物事を「決める」ということがだんだん苦手になってきました。

 

小さいことから大きなことまで、人間って物事を決めていかないと生きていけないわけなのですが、いろいろ迷うこともありますよね。

昔はそんな難しい場面でもちゃっちゃっと決断することが出来たのに、ここのところ、そういうときにとても時間がかかるようになってきました。

 

こう決めるとああいうことが起こるかもしれないし、こういうことが起こるかもしれないしと、あらゆることを想像して忖度していくうちに、どちらがより良い選択なのか、わからなくなってくるのです。

 

的確なアドバイスをしてくれる相談相手がほしいです。それも身内で。夫が一番身近な相談相手ですが、身近すぎて相談できないわ~(笑)

母がいればいろいろ聞いてもらえたかも。

でも、母が生きていた頃は私もそんなに母を求めていなかったしな~。

うまくいかないですね。

 

これも老化現象のひとつなのかしら。情けない話です。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 
にほんブログ村

お仕事のこと

 

こんにちは。

久しぶりの更新です。

仕事を始めたのと身内のことでバタバタと忙しく、なかなかゆっくりと記事を書く時間が取れませんでした。

パソの前にネコがどっかりと座っていて使えなかったりとか(;^ω^)

 

とりあえず、お仕事は先月の中ごろから始めました。週5日、午前中だけ。

今のところほぼ想定内なので特になんじゃこりゃ~!っていう事もなく、無難にお勤めしております。

仕事内容は一応事務ですが、朝出社してシャッターを開けて1時間くらいかけてゴミ捨て(事業所ゴミなのでけっこう大量)や事務所内を清掃するのがメインです。

電話対応や事務仕事も一応ありますが、かなり少ないので(請求書は月に10枚くらいかな?)残りの2時間は前の社長さんとお茶を飲みながらお喋りして終わり、みたいな感じ(笑)

 

前社長さんはもう高齢なので作業はせずに1日事務所にいます。

タバコとゴルフが大好きな、典型的な昭和のオヤジさんです(笑)

なので前の会社では消滅していた「お茶汲み」と「灰皿洗い」のお仕事が復活しました。私は若い頃お茶くみばかりしていたのでほぼ抵抗なくできますが、今の若い人にはあまりなじみのない仕事かも。

 

工事関係の会社なので他の社員さんはほぼ日中は事務所にいません。

週2日、会長さん(女性)が出社してきます。

前任者の方から3日間で仕事の引継ぎをしましたが、とにかくいい人で、いろいろお喋り出来て楽しい3日間でした。

彼女が「ここの会社は良い人ばかりよ」と言っていましたが、今のところ私の印象もそんな感じです。

彼女は13年も勤めたので、おそらく、居心地がよかったんでしょうね。

 

どうしても前の会社と比較してしまいますが、やっぱり楽ですね~。

前の会社は仕事内容がとにかく煩雑で、もっと効率よくすればできるのだと思いますが、上から降ってくる仕事をひたすら処理して1日が終わりって感じでした。

「仕事した感」は味わえたけど、無駄な仕事もずいぶんしてたような気がする。。。

 

採用してもらったのも何かの縁なので、それを大切にしてお勤めしていきたいと思ってます。

 

読んでいただいてありがとうございました。

もうちょっとマメに更新しなきゃ(^^;)

 

 


にほんブログ村