今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

道徳教育とセンター試験の廃止

 

こんにちは。

 

来年から道徳が教科化され、大学入試センター試験は 2020年1月を最後に廃止されます。

私にはこの二つの変化が相容れないもののように思われて仕方ありません。

 

道徳というのは、時の権力者が、被支配層を御しやすくするために、一定の考え方を教え込むための指導の時間だと思っています。

これはずいぶん偏った考え方だと思います。でもそのように思えてしまうのです。

 

戦前の修身とまでは言いませんが、今、権力を握っている人たちの言動を見ていると、道徳という教科を使って子どもたちの考え方をある方向へ導こうとしているのではないかという疑念がぬぐえないのです。

 

で、センター試験は廃止されるわけですが、その理由が、私の理解では、マークシート方式で知識量だけを問うのではそれぞれの子どもたちの本当の力が測れない、記述式で発想力を問いたい、そんな感じでしょうか。

 

なんだか矛盾していると思うんです。

道徳教育で子供たちの考え方を一定の方向に向かわせながら、大学を受けるときになると自由で柔軟な発想を問うわけです。

大人の都合を子どもたちに押し付けているだけじゃないでしょうか。

大学受験の所でいきなりはしごを外しているようなものです。

 

マークシート方式のセンター試験は、基礎的な学力を測るという意味では私はそんなに悪いものではないと思っています。

子ども達それぞれの個性を見たければ、2次試験で各大学が工夫して試験問題を考えればいいのではないでしょうか。

 

それに、そんな莫大な量の記述試験の解答を採点するのは大変なことだと思います。民間に委託するようですが、うまく機能するのか心配です。

 

今のセンター試験に問題があるとすれば、年1回しか受験する機会がないことです。

それも、インフルエンザの流行する冬に、たったの1回です。これは受験生にもその親にもけっこうな負担ですから。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 


にほんブログ村

 

娘の大学受験雑記 国立大学を蹴って私立に進学した息子

こんにちは。

 

娘が国立に受かって良かった良かったなどと浮かれておりますが、実は息子は前期国立に受かったのに、そこを蹴って私立大学に進学した、という経験をしております。

  

以前にもこの話は記事にしたかもしれませんが確認作業が面倒なのでまた書きます。スボラですみません(^^;)

 

私は自分が私立大学出身なので、国公立大学への憧れは人一倍強いと思います。

私の行った大学はそれなりに有名な所でしたが、入ってみたら、内部出身の人の多いこと多いこと。

 

最近の内部生は昔に比べると厳しくなっているので、そんなに遊び呆けてはいないと思いますが、私が大学生の頃は、内部生といえば中高ほとんど勉強していない感じで、英語の授業では簡単な単語の意味がわからず、その他の講義でも漢字が読めないといった状況でした。

 

こっちはそれなりに受験勉強を頑張って入ったのに、実態はこれかい!と入学早々がっかりしたのを覚えています。

 

まあ私自身も私立文系ということで、英語と国語と世界史しか勉強していません。

理系科目が苦手だからと逃げたわけですから相当なコンプレックスも抱えていました。

 

そういう私の事情により、子どもたちには国公立へ行きなさいと、けっこうしつこく言っていました。

これって、親の夢を子どもに押し付ける、まさに悪い親の典型ですね。

たまたま子ども二人ともその期待に応えることが出来ただけで。。。

 

息子は国公立前期の大学(地方の旧帝です)から合格をいただいたのに、その後に発表のあった私立大学に受かったとわかると、そっちにも行きたいとなって、どうしよう、どっちに進もうかと悩み始めました。

 

私も夫も、当然国立でしょう!と、当初は息子に言っていましたが、結局息子の意思に従って、私立に入れました。

 

後でわかりましたが、息子は東京を離れたくなかったようです。それと、その私立大学ブランドにけっこう憧れがあったようですね。

今年3月に無事卒業して、希望の会社にも就職できたので息子の選択は間違ってはいなかったと思います。

 

ただ、先日、娘の入学式に参加して、国立大学の良さを再認識して、息子にも国立の方に進んでほしかったなと、ちょっと残念な気持ちになってしまいました。

息子はそんなこと全く考えていないでしょうね。大きなお世話ですね(^^;)

欲張りな親ですよほんと。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

 

娘の大学受験雑記 科目数が少ないのは本当に楽なのか

 こんにちは。

 

また受験のお話です。

興味のない方すみません(^^;)

 

さてさて、科目数のお話です。

 

理系の話になりますが、国公立大学は、センター試験、2次試験ともたいてい理科は物理・化学・生物の3科目から2科目選んで受験しないといけません。

物理と化学を選択するのが無難なので物化で受験する生徒が一番多いと思います。

 

これが私立大学だと2科目受験しないといけないのは早慶くらいで、上智理科大以下の大学は1科目で受験できます。(TEAPなどの外部試験を利用した場合は2科目になることもあります)

 

1科目しか勉強しなくて果たして入学してから大丈夫なのか、ということに関してはちょっと置いておいて。。。

 

1科目で済むなんて楽じゃないか、と、誰でも思いますよね。

でもここに落とし穴が…あるんじゃないかと私は思っています。

 

娘が現役のとき、某工業大学の一般試験を受けたのですが、物理の問題を見て、これは難しい、解けないかも、と、咄嗟に判断して、化学に乗り換え、なんとか合格できました。

もしあのまま物理をやっていたら、落ちていたかもしれません。

 

その時は試験中に科目を変えることが出来たので難を逃れたのですが、それを聞いて、1科目で受験するのは怖いなと思いました。

 

これが2科目受験だったら、たとえ物理でコケても、化学である程度は挽回できたはずなので、全体としては取り返しの付かない点数にはならなかったと思います。

 

リスクの分散ってことなのかな?

 

センター試験の模擬試験を何度も受けるとよくわかるのですが、ある科目がうまく得点できなくても、必ずそれを補ってくれる科目があるので、全体の点数はそれほど上下しないのです。

 

センター試験って、5教科7科目も受けなくてはいけないので勉強は大変ですが、科目同士で相殺し合うので、全体の点数は意外と安定するのです。

 

センター利用にしても、3科目選択、4科目選択、5科目選択といろいろあり、科目数が増えるほど倍率は下がって偏差値も下がるので、受かりやすくなります。

 

急がば回れ、ではないですが、受験科目が多いから大変、少ないから楽と考えるのはちょっと短絡的ではないかなと、自分を振り返っても感じた次第です。

 

とはいえ、近い将来センター試験も今の形ではなくなるので、この話もあまり参考にはなりませんね(^^;)

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
にほんブログ村

 

娘の大学受験雑記 国公立に固執する娘

こんにちは。

 

先週私立大学受験についての記事を上げたら、今週号のアエラに似たような記事が載っていてびっくりしました。

私立大学が難化して、浪人が増えていると…

娘の卒業した学校は、今年も多くの浪人生を出しているようです。

ちょっとかわいそうになります(:_;)

国の政策で右往左往している子どもたちの姿が見えるようで。

 

さて、娘が浪人した理由は、「国公立大学に行きたい」、それに尽きます。

 

文系だと私立も国公立もそれほど差は感じませんが、理系だと、学生ひとりひとりに税金をたっぷり使ってもらっている感が半端ないのは事実です。

学費も私立に比べると格段に低いので、理系なら国公立というのはまあ当たっているのでしょう。

 

娘は下宿生なので、仕送り費用は馬鹿になりませんが、それでも学費は4年間、この金額で済むのかと思うと正直ホッとしました。

私立文系だった息子の学費の請求書が来るたびにため息ついていましたから(^^;)

 

とはいうものの、娘の私立大学に対する態度はひどいものがありました。

 

一番最初に合否がでる大学(私立のセンター利用)の合格発表の日、さすがに受かっていたら娘も連絡してくるだろうと待っていてもメールも電話もなく。。。

しびれを切らして(というか、もう気になって仕事も手に付かないほどだったので)、私が大学のHPで合格の確認をし、夫に伝え、二人で「これで2浪は免れた」と肩をなで下ろしておりました。

 

娘から連絡がきたのは夜です。

「受かってたね、良かったわ」

それだけかい(;・∀・)

 

「中学受験じゃないんだから、挑戦校とか確実校とか安全校とかそんな風に受ける必要ないでしょ。行きたくない大学を受けても意味がない」

とかなんとかえらそーに言って、私立大学のセンター利用試験でさえ受けたがらなかった娘です。

 

なんとか説得して2校に出願するところまでこぎつけました。

もう1校どう?と聞くや「私が一般で受からないとでも思ってるの?」とキッと睨み返され、わわ、怒らせた、ヤバいと、あわてて引っ込めました。

 

ですので、残りの1校は娘に内緒で申し込みました。

娘は今でもその大学にセンター利用で受かったことを知りません(;´∀`)

 

でも正直、ヒヤヒヤしていました。と、言うのは、センター利用で出した大学はどこもほぼ同じレベルで、センターの出来次第で全部受かるか全落ちするか、どちらかしかない、というけっこう無謀な出願だったからです。

 

3校とも去年の娘のセンターの成績では合格できなかったところだったので、そのうちの1つでも受かれば、一応「浪人した甲斐があった」と納得できるわけで、最初の1校が受かったときは、親として本当に嬉しかったです。

  

困ったことになったのは、その最初に合格をもらったA大学と、その後一般で合格をもらったB大学のどちらに入学金を払うか決めるときです。

 

B大学の合格発表の次の日が、A大学の入学金振り込みの締め切り日でした。

Aに行きたければすぐにお金を振り込まないといけません。

ところが、その日もまた娘と連絡が取れなくなったのです。

娘は勉強の邪魔だと言う理由で、スマホは家に置いていて、携帯電話もほとんど見ない生活を送っていました。

 

これはもう直接娘の所に行くしかないと、夕方、娘の下宿を夫と共に訪ねました。

 

幸運にも娘は在宅していたのですが、やはり、B大学の結果は見ておらず、「合格だったよ」と言うと「えっマジで~?」と驚いていました。

 

娘はB大学はたぶん落ちているだろうと決め込んで、結果を見ていなかったのです。いや、ダメもとでも普通受かってるか落ちてるかぐらい見るんじゃない?(;´・ω・)

 

じゃあB大学で、ということで、入学金の行先はB大学になったのでした。

 

娘はB大学に合格したことは喜んでいたものの、そこに行きたいかというと、国公立の前期中期後期のどこかで受かったらそっちへ行くので特に行きたいわけではないと言っていました。

 

そうか~、B大学ってけっこう世間的には人気のある大学なんだけどな~と、ちょっと残念な気持ちになりました。

(それに、B大学なら自宅からわりと近いので自宅通学できたのです)

 

娘が出願した国公立大学はどこも家から遠いところで、どこに決まっても下宿決定でした。親としては出来れば家にいてほしかったのですが、本人は家から出たかったようなのでしょうがないですね。

 

ところで、国公立は前・中・後期と3回受験の機会があります。

最近は旧帝など後期試験を廃止しているところも多いです。

同じ大学なら当然後期の方が難易度が上がります。

ですので、後期に出願する大学は、たいてい前期より偏差値的に下の大学になります。

 

ここで注意しないといけないのは、後期と言うのは前期試験に落ちた人しか受けられないということです。

逆に言うと、前期に落ちてショックを受けて落ち込んでいる子たちが受けるのが後期試験なのです。

 

前期を失敗したショックから立ち直れなくて、後期試験を受けに行くことができなくなる生徒さんはけっこういるんじゃないでしょうか。

私立大学と違って、国公立の前期試験は1回しかありません。

ほとんどの人が第一志望として受けています。

ですので、落ちた時のショックは、私立の比ではありません。

 

学校の先生も言っていましたが、女子はこういう場合のメンタルが弱い子が多く、立ち直るのに時間がかかると。

何を隠そう、うちの娘が去年そういう状態になっていました。

ご飯も食べられなくなり、1日中ベッドにもぐりこんで、とても後期試験を受けに行ける状態ではありませんでした。

 

これを教訓に、今年の後期は筆記試験のない、面接だけでいいところにしました。

筆記試験を受ける元気がなくても、とりあえず現地に行って、面接官に会うだけでいいからです。

センター試験で合格ラインを越えていれば(センターリサーチでA判定をもらっていれば)、面接はおまけみたいなものなので、筆記試験をがっつり受けさせるところに比べると格段に楽なのです。

 

結果的に前期に合格できたので後期の大学に行く必要はなくなったのですが。

 

後期はセンター試験の結果のみで合格をもらえる大学もあるので(国公立のセンター利用みたいなもんです)、各大学の後期2次試験の内容をよーく見て、自分に合ったところを選べばいいと思います。

学科試験のあるところの方がいいという人もいるでしょうから。

 

娘の入学式に日帰り強行スケジュールで行ってきました。

一周するのに車で10分もかかる広大な敷地、まだ新しい立派な講堂、シンプルなデザインですが清潔で使いやすそうな校舎、何か所にも配置されている学食、生徒数の少なさ、重厚な雰囲気だった入学式、などなど国立ならではの良さをひしひしと感じました。

 

税金を沢山使わせてもらっていることに感謝して、勉強に励んでほしいと思います。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

 

娘の大学受験雑記 東京の私立大学

 こんにちは。

 

前回の更新、久しぶりだったのですが、スターを沢山いただいて、有難いことだと思っています。

今後もぼちぼち更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

この1年、娘の大学受験に付き合って、いろいろ感じたことがあり、感じたままに書いていこうと思っています。

あと数年で受験制度も大幅に変わるので、あまりお役に立たないかもしれませんが。

 

誰の発案かは知りませんが、去年の入試から、東京の大学への学生の集中を緩和するために、東京の私立大学に限って、合格者数の厳格化(要は減らせということです)が始まって、受験生に多大な影響を及ぼしています。

 

これ、上位の高校はあまり影響ないんですよね。余裕で合格できますから。

モロに影響を受けるのは、その下の、いわゆる中堅校というレベルの学校です。

ギリギリで合格を手にしていた子たちが滑り落ちてしまうのですから。

 

娘の行っていた高校が、まさにその中堅校で、去年から私立大学の合格者数を大幅に減らしてしまいました。

今年は去年よりさらに厳しい結果になっています。

 

娘も、現役のとき、模試でA判定をもらっていた大学の一般試験に失敗しました。

娘の同級生たちも、軒並み一般を失敗して、仕方なくセンター利用で合格した大学に進学しています。

 

この経験から、我が家では、私立大学はできる限り一般では受けないことにしました。

 

一般試験というのは、受験料もフルでかかりますし、過去問もしっかりやって準備しないといけません。

コストも労力も大きいのです。

 

それなのに落とされてしまう。これはある意味理不尽な話だと思います。正直者が馬鹿を見る、とまで言うと言い過ぎかな(-_-;)

 

ですから、第1志望が私立大学で、その大学が推薦入試やAOを実施しているのなら、まずそこから攻めるのです。

 

評定の関係などで推薦やAOにうまくはまらないときはセンター利用を使い、それもうまく行かなかったときはセンター併用型や外部試験(TEAPなど)利用型で受けます。

 

そうやって、できる限り一般試験のフル科目受験を避ける。もはや逃げているといってもいいくらいです(笑)

 

娘のような、国公立第1志望の受験生ならなおさら私立大学の過去問対策に時間を割きたくはないでしょうから、センター利用を大いに利用して、無駄な労力を使わないことです。

 

娘も今年は私立大学はセンター利用で3校受験し、一般で受けたのは1校だけです。

その1校も、外部試験のTEAPを使ったので、正確には一般では1校も受けなかったことになります。その大学はセンター利用型を実施していなかったのでしょうがなかったんですが。

 

結果は全部合格でした。

これには予備校の担任の先生に感謝しないといけません。

 

予備校の最初の保護者会で、先生はまずTEAPは受けないと損だと言っていました。

理系なのでTEAPを利用すると理科は1科目から2科目に増えてしまいますが、それでも英語の勉強に時間を割く必要がなく、かつ倍率も低いのでかなり有利とのこと。

 

現役のときは、TEAPまで手が回らず受けていませんでした。

 

実際に受けてみたところ、1回目であっけなく基準点をクリアできました。おかげで英語の過去問を解く必要もなくなって、かなり楽な受験となりました。

 

先生ありがとうです。

 

これから少子化もますます進んで、私立大学は学生確保に必死になるでしょう。

早く確実に生徒を囲い込める自己推薦やAOにもっと重心が移っていくと思います。

 

私たち親の世代は、推薦はまだ特殊なものだったので、一般試験を受けて正面突破すべきという考え方をどうしてもしてしまいがちですが、大学受験の世界もかなりのスピードで変化していっているので、自分の経験だけで判断するのは危険かもしれません。

 

国公立でも推薦に力を入れている大学が増えているようです。

苦しくて長い一般試験を受けなくてもいいのですから、推薦で受かれば本人も家族もかなり楽が出来ます。受験料も1校だけですむのですからお財布にも優しい。

というわけで、推薦・AOは大いに利用しましょう。

 

なんて、えらそうなこと言ってますが(笑)

 

で、私立の合格者が厳しく減らされた結果、東京への一極集中は本当に緩和されているのでしょうか。

東京が地元の子どもたちが割を食っているような気がしてなりません。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

 

お久しぶりです(^^;)

こんにちは。

3ヶ月ほどブログをお休みしてしまいました。今からその言い訳をぐだぐだ書きます(^◇^;)

 

実は娘が行くと言っていた大学にやっぱり行きたくないとゴネ、浪人することになり、家では親がウザいということでいざこざが絶えなかったのもあって、予備校の近くにアパートを借りてやってひとり暮らしをさせていました。

 

家から通える予備校なのに下宿です。

想定外の出費でかなり痛かったですが、娘と夫の折り合いの悪さで私も精神的にキツかったので、家から出させたのは間違ってはいなかったのかなと思います。

 

浪人生というのは、とくに女の子は精神的に不安定で、とにかく気を遣いました。

些細なことで機嫌を損ね、着信拒否も何回かされてしまい、連絡が取れなくなったりもして、親として落ち込むこともありました。

 

それでも娘が出て行ってからは、私自身は平常通りの毎日を送っていたと思っていました。

が、娘が3月に志望大学から合格通知をいただいて、なんとも言えない安堵感に包まれたとき、私も緊張の日々を送っていたのだとはじめて自覚しました。

 

受験生の母は辛いですが、浪人生の母はさらに辛いということですね。

 

で、1月のセンター試験から始まって、2月の私大の一般、2月後半の前期国公立2次、3月の中期国公立2次と、かつてない緊張の日々が続いて、ブログを書く余裕が全くなかったのです。

というわけで、ブログをサボっておりました。

 

お蔭様で、娘は第1志望の国立大学から合格をいただきました。

家からは飛行機でないとなかなか行きづらいかなり遠方の大学です。

入学手続きをした後は寮の申し込みや引っ越し準備、買い物、現地でのセットアップなどで本当に目が回りそうな忙しさでした。

ストレスでお腹の調子がずっと悪く、体重も減りました。

 

先日、無事に入学式を終えて、やっと一息つけました。

 

娘は合格を手にしてからもしばらくは気持ちの浮き沈みが激しく不安定でしたが、4月に入ってやっと落ち着きを取り戻し、私もあまり気を使わずに会話が出来るようになりました。

 

母のミッションもなんとか終了できそうです。今まで親に甘えてきた分、娘も苦労すると思いますが、もう知ったこっちゃありません(笑)

一人で頑張ってください。

そのための下準備は整えてきたつもりなので。

 

娘の受験に関しては、まだまだネタがありますので追々記事にしていきたいと思っております。

私の体調も元に戻りつつあるので体重も元に戻るかな。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村

自分を客観的に見るのって難しいよね

 

こんにちは。

久しぶりの更新になってしまいました。

 

しくじり先生」、久々にやっていたので見たのですが、フィギュアスケーター村主章枝さんのお話を聞いていて、いろいろ感じることがあったので書いてみます。

 

私はフィギュアスケートを観るのが好きで、村主さんの演技も大好きでした。でも正直彼女のピークはトリノの少し前くらいだったと思います。

トリノの時の演技もあまり印象に残っていません。

4位というのはかなり良い結果だったと思うのですが、彼女は納得ができなかったのでしょうね。

 

だから現役続行を決めた気持ちはわかります。

でももともと表現力が武器だったので、技術の面では若い選手にどんどん越されていきます。

ついには全日本にも出場できなくなってしまいましたが、当然といえば当然の結果かな。。。

 

私がびっくりしたのは、スケートを続けるために親の退職金に手を付けたことです。

お母さんからは、もう資金援助はできないと言われていたにもかかわらず。。。可愛い娘からの頼みに、親も断れなかったのかな。

彼女はまだ若いからわからないかもしれないけれど、お勤めされている人にとって退職金は老後の大切な基盤です。

虎の子ですよ。

 

親の方から提供されたならわかりますが、遠回しにもうスケートは止めてほしいと言われているのに、そこまでやってしまうのが私には理解できませんでした。

 

今は振付師やスケートの先生として地道に働いているようですが、親にお金を返しているのでしょうか。少なくとも返しているとは言っていなかったので、そのままにしている可能性はありますよね。

 

別の記事で読んだのですが、彼女はボランティアでスケートを教えたり、スケート靴を提供しているそうです。

そのこと自体は素晴らしい行為だと思いますが、そんなことをする時間があるなら少しでも働いて親に借金を返せばいいのにって思いました。

 

お金の大切さがまだわかっていないのかもしれません。

 

彼女はお金を稼ぐと言っても振り付けとか先生とかスケートにかかわることか、テレビに出るとかヌード写真集を出すとか、手っ取り早く稼げることばかりで、時給〇円で地道に働くということをしたことはないのかなと思いました。

 

 

「引退の時期は自分では決められない」という結論でしたが、それもちょっと引っかかりました。

 

男子フィギュアスケーター町田樹さんっていますよね。

今は大学院で勉学に励みつつ、ショーにも出演して活躍しています。

 

彼は、ソチオリンピックに出場しました。

そして、その翌シーズンの全日本で、銀メダルを取って、世界選手権の切符を手にしたにもかかわらず、引退してしまいました。

まだまだ活躍できる選手だと誰もが思っていただけに、誰もが唖然とした瞬間でした。

 

その引退に関しては、彼が誰にも相談せず、一人で考えて一人で出した結論だと思います。

だから引退の時期を自分で決める人もいるということです。

 

村主さんは引退を決められなかったのではなく、引退する自分を受け入れられなかったのであって、やはり決めるのは自分しかいないのではないでしょうか。

 

 

もう一つ、彼女を見て気になるのは、いつも孤立していることです。

アイスショーとか見ていると、スケーター同士のつながりや仲の良さなどは簡単にわかります。

村主さんはどうも仲間がいないようなのです。

 

彼女を見ていると、「私はほかの人とは違う」というオーラが出ていて、近寄りがたい感じがするんですよね。

「氷上のアクトレス」と称賛されたこともありますが、彼女はずっとその頃の自分にこだわりをもっているような気がします。

 

スケートの世界も、引退後は人の繋がりが大切です。

ショーに呼ばれたり振り付けを頼まれたり、そういうのも結局は人との繋がりが支えている面が大きいです。お前が言うなって感じですけど(笑)

 

彼女ほどの実績があって才能があれば、引退後も日本のスケート界で十分活動出来ると思うのですが、わざわざカナダに行って一からやり直すというのはやはり日本では活動しづらかったのではないかと勝手に想像しています。

 

将来自分のプロデュースしたアイスショーを開催するのが夢だと語っていましたが、そのためにはやはり多くの人に支えてもらわないといけません。

結局は多くの人に慕われる人間性が一番大切だと思うのです。

今の彼女を見ていると、その夢を実現するのはなかなか難しいのではないかと。。。

 

いろいろ間違っているのかもしれませんが、しくじり先生を見た限りでは、彼女はまだ現実を客観的に見ることができていないのかも思いました。ちょっと厳しすぎ?

 

読んでいただいてありがとうございました(^^)

 

 


にほんブログ村