読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

新年のご挨拶と年賀状のこととか

 

あけましておめでとうございます。

自分の事ばかり書いている役立たずのブログですが今年もそんな感じで続けていきたいと思っております。

いつもお付き合いいただいている方、読者になってくださった方、星をつけてくれる方、もちろん通りすがりで読んでくださっている方にも、心から感謝しております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

自分のブログを始めてから、それまであまり興味のなかった他人様のブログを読むのが楽しみになりました。いつもありがとうございます。

 

お正月といっても、私も夫も親はすでに鬼籍に入っているので、それぞれの実家訪問というイベントはとうになくなっていて、家族4人だけで過ごしています。

親戚が集まるのは賑やかで楽しいものですが、なければないで気楽なもんです。

以前はお正月に温泉旅行などもしていましたが、子どもももう一緒に行きたがらなくなってしまっているのでお出かけイベントもなくなりました。

最近は私と夫だけで都心のデパートのセールに行くくらいですね。3日までは道も空いているのでドライブも快適です。

 

 さて、年賀状ですが、今どきはみなさんどのくらいの枚数を出されているのでしょう。

お仕事をされている方は取引先があるのでそれなりの数になるでしょうが、私のような完全な専業主婦だと親戚か古い知合い(最近知り合った人とはメールやラインの交換しかしないので)ぐらいしか出す人はいなくなります。

若い頃だと知り合いは多いに越したことはないので、年賀状だけのお付き合いも大切にしていましたが、50を過ぎると人生もそろそろ店じまいな感覚になって来て、もうこの先会うことがなくてもいいかな、という人には、喪中の年賀欠礼をきっかけに、年賀状そのものを止めたりしています。

上下関係のない相手だと、たいていこのやり方で年賀状のやり取りは終わりますね。

ちょっと寂しいですが、たぶん相手方にとっても面倒が減っていいのかも、と思っています。

なので、今年賀状を出している人たちは、この先、チャンスがあればまた会いたいなと思える人たちです。

相手がそう思っているかどうかはわかりませんが、今年はこのやり方で、私が出した人からは全員元旦に年賀状が届きました。需要と供給がぴったり一致した?(笑)

 

読んでいただいてありがとうございました。

 


にほんブログ村