読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

ほんとは好きじゃないんだけど(^^;)

 


にほんブログ村

 

着付け教室に通っています。

まだ綺麗に着ることはできませんが、なんとか自力で着ることができるようにはなりました。

教室の生徒さんの話を聞くと、たいていは着物を着てお芝居を見に行きたいとか、お友達とお出かけしたいとかなにかしら目標があるのですが、私は特に着物を着てどこかに出かけたいとか思ったことはありません。

着物っておよそ合理的じゃないです。ジャブジャブ洗濯できないし、走れないし、一着の値段が洋服の何倍、何十倍もするし、着付けを習わないとひとりで着ることもできないなど、とにかくいろいろ面倒で、正直あまり好きになれません(あ、言っちゃった(笑)

それならどうして着付け教室に通っているかというと、母がお嫁入り道具として着物を何枚か持たせてくれたのですが、何十年も箪笥に入れっぱなしになっていて、それが申し訳なくて、けっこうなプレッシャーになっていたからなのです。

しかも母は2年前に亡くなってしまって、このまま一度も袖を通すことなく過ごすのがますます辛くなっていました。

それで、仕事も辞めて時間も余裕が出来たので、重い腰を上げて着付け教室に申し込みをしたのでした。

ウールの着物、小紋、訪問着、色無地と、一通り着たのでとりあえずの目標は果たしました。お葬式があってももう一人で喪服を着て行けます。

ただ、着物にも流行はあるので、私の持っている着物はかなりの年代物になります。

訪問着や色無地は比較的地味なので着れないことはないですが、ちょっとしたお出かけに着て行ける物はありません。

初級のレッスンはあと2回で終わりです。さてこのあとどうしたものか・・・と考えたのですが、とりあえずもうちょっと上手に着れるようになりたいので中級コースに進むことにしました。

いずれどこかの時点で貯金を下ろして新しい着物を買わないといけないのかな💦

他の生徒さんは、私みたいな主婦か、独身の若いお嬢さんなどが多く、やはり、経済的に比較的余裕のある方が多いようです。

うちは庶民なので周りに流されてお金を使いすぎないように気を付けなきゃ。

 

読んでいただいてありがとうございました(*^^*)