読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

仕事を辞めたわけ

 

こんにちは。

 

私立の合格もどんどん発表されて、もう受験終わり!という人も増えてきている頃ですが、国公立組はまだこれからです。今が一番キツい時期ですが、頑張ってください!

息子のときも思ったけど、やっぱり長い~(^^;)

 

ここのところ、新聞に入っている求人広告やコンビニのレジ横に置いてある求人雑誌などに目が行ってしまいます。自分に都合のいいものがあったら応募してみようかな~なんて。

 

パートの仕事を止めて8か月くらいになります。

なんで辞めたかというと、人間関係と、睡眠不足かな。

 

最初は正社員の事務員さんのお手伝いとして雇われたんです。仕事はお掃除や電話応対から請求書や報告書の作成まで様々でしたが、全て正社員さんがチェックしてくれたので楽でした。

ところが、それからすったもんだがありまして、その正社員さんが辞めて、別の人が来て、また辞めてみたいな感じでしばらく事務所内がゴタゴタしてしまって、その間になぜか私の仕事がだんだん重いものになっていき、チェックする人もいなくなってしまいました。

とくに請求書をノーチェックで提出するのが恐怖でした。自分チェックだとどうしてもチェックしきれなくて、そのうち金銭的なことで会社に迷惑をかけるんじゃないかと常にヒヤヒヤでした。

 

そんなこんなで気が付けば10年もそこで働いていて、一番の古株になり、正社員の事務員さんもなんだかいつも私に遠慮しているようで、きっと私のこと使いづらいと思ってるんだろうな~と思うとなんか気が重くなってきまして。。。

 

睡眠不足も深刻でした。

息子が大学生になってバイトで夜遅くなり、もともと宵っ張りだった生活がますますひどくなって、寝るのは夜の1時か2時、でも娘のお弁当作りがあるので朝は5時半起き、という生活が続き、午後の仕事は睡魔との闘いでした。

睡眠不足は認知症を招くとか言われるようにもなって、これはヤバい、なんとかしなきゃと焦りました。

 

で、辞めたいな~辞めたいな~と思いながら1年が過ぎ、やっと支店長に告白して(笑)、円満退社が実現したわけです。

いろいろ大変な職場だったけど、ダラダラと10年も働くことができたのは、私に合ってたってことかな。感謝してます。

 

また働くとしたら週2日くらいにして、睡眠時間は死守したい。

そんな都合のいい職場はないかと思いますし、年齢も年齢なのでなかなか厳しいかと思いますが、求人広告はチェックしていこうかなと思ってます。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 
にほんブログ村