読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

昭和の名曲

ぼっちな趣味

 

こんにちは。

 

息子が帰ってきません。

昨日息子の大学の学園祭の最終日で、オールで打ち上げでもしたんでしょうか。

さっき、今日は晩御飯要るのかどうかメールしたら要らないという返事が返ってきました。何してんでしょうかねまったく(-_-;)

 

さて、歌の伴奏ボランティアの日がまた近づいてきたので、ネットで歌詞を探したりしていたら、昭和の名曲集みたいなのを見つけてしまって、聞き入ってしまいました。

村下孝蔵さんの「踊り子」とか、谷村新司さんの「群青」とか、太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」とか、名曲は今聞いても全然古臭くないのですね。感動です。

さだまさしさんの「無縁坂」なんて、素晴らしい歌詞で、目から汁が出てきました。

 

村下孝蔵さんは特に好きで、昔はカラオケでよく歌ってました。歌詞もメロディーもほんとに美しい。早くに亡くなられて本当に残念です。

 

しかし、歌の会に来られるのは70・80代の方が多いので、この辺の歌は使えません。ご存じないので。

なので今回は「大きな古時計」と「故郷」と「蘇州夜曲」にしようかな~。

涙そうそう」もいいけど、ちょっと夏っぽい感じがしないでもない・・・

明日お仲間と会うのでまた相談しなければ。

 

ところで、谷村新司さんの「群青」を聞くと、やしきたかじんさんの「砂の十字架」を思い出してしまうのは私だけでしょうか(^^;)

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 


にほんブログ村