読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

不倫報道

 


にほんブログ村

 

こんにちは。

朝はいつもラジオを聴いていて、テレビは音を消してつけている状態にしてます。

が、今日は「えっ、あの歌舞伎役者さん、不倫してたのΣ(・ω・ノ)ノ!ってな感じで音を大きくして見入ってしまいました。

不倫はだめですよ~。

周りの目とか仕事関係に迷惑をかけるとか、贅沢な暮らしをさせてやっているからいいだろうとか、家のことはきちんとやっているんだからいいでしょそういうことではなくて、夫婦の問題としてまずいと思うんです。

連れ添った期間が長くなればなるほど、不倫即離婚になる事例は少なくなるのだと思いますが、それはもちろん不倫が「なかったこと」にされるわけではないですし。

夫婦といっても元は他人同士なわけで、親しき中にも礼儀ありで、お互いの信頼を裏切るようなことをすると、その関係にひびが入ってしまいます。

一度入ったひびは、もう二度ともとには戻りません。

仕事や子育てなどで人間関係が賑やかな時期はいずれ終わります。

最後は夫婦二人が残るのです。

その時に、過去にひびの入っている夫婦と、そうでない夫婦とでは何かが決定的に違ってくるんじゃないかと思うのです。

許しても大目に見ても、なんというか、物悲しい夫婦になってしまうんじゃないかと...

ばれなきゃいい、という考えもありますが、亡くなったあとに発覚することもあります。そのときのパートナーの気持ちを考えるとやりきれなくなります。

 

と、いうのが50代の私の考えなのですが、もうちょっと年を重ねると、また違った境地に至るのかもしれないですね。

 

読んでくださってありがとうございます。