読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も一人でお昼ごはん

コミュ障・人見知りで友達のいないぼっちおばさん専業主婦のひとりごとです。

「結婚生活の満足度と子どもの人数との関係」について

子育て

これ、私はラジオで聞いたのですが、ネットの記事で読まれた方も多いかと思います。

結婚生活の幸福を一番実感しているのは子どもなしの夫婦、幸福度が一番低かったのが子供2人の夫婦、という話。

子どもなしの夫婦が幸福度が高いというのは、周りを見てもおおいに頷けます。なんだかんだ悪口を言いながらも、お互いを尊重しながら、長いこと夫婦生活を楽しんでおられるご夫婦が多い。というか、夫婦2人なのですから、上手くいっていなければ、すぐ離婚するはず。

私と旦那でさえ、子供が出来る前まではそれなりに仲良くやってました。今となっては信じられないですが。

問題は子ども2人の夫婦です。

子ども2人というのは、ごく標準的な家族像で、うちのように、それほど深く考えもせず、とりあえず2人って感じで作られたご家庭が多いんじゃないかな。

子どもが出来ると夫婦喧嘩は確実に増えます。子育てって、妻と夫の、考え方の本質がむき出しになってしまうから。ごまかせなくなってしまうんです。

夫(妻)って、こんな人だったのかと失望したり。

でも「子はかすがい」のとおり、子どもはちょっと危ない夫婦関係を支えてもくれます。

その、一番微妙な所でバランスを取って、なんとかやっているのが子供2人の夫婦なのかな、と思います。

子どもが3人以上になると、各家庭で事情がかなり違ってくるので、あまり決めつけたりも出来なくなってしまいますが、私の周囲では、子ども3人以上いるご夫婦はとっても仲が良いです。いいなあ。

さて、明日もお弁当作りしなきゃ(-ω-;)